コールサック88号

編集後記           鈴木 比佐雄

 今年の八月下旬から九月下旬頃まで残暑というか真夏が終わらないで秋が訪れない季節だった。さぞかし彼岸花も秋桜などの秋の花々も戸惑っただろう。初夏から夏に発行した三冊の詩選集『海の詩集』は「週刊朝日」や朝日新聞電子版など、『非戦を貫く三〇〇人詩集』は「東京新聞」や複数の地方紙などに掲載された。そして『少年少女に希望を届ける詩集』は朝日新聞夕刊や地方では翌日の朝刊に紹介され、また九月三日「おはよう日本 NHKニュース関東甲信越」で四分間にわたり紹介された。その紹介ニュースは十月四日夜の六時台に関東エリアで再放送された。これらの詩選集の熱気も収まることなく継続的に今も紹介され求められている。詩人たちは世界の苦悩を抱えた共通の問題を直視して様々な観点から詩作をしている。そのような詩を集めた詩選集は、日頃は詩を読まない人びとにも詩を届けることが出来る。おかげさまで『少年少女に希望を届ける詩集』三版目を刊行することになった。学校現場でこの詩集が少しずつ活用されてきていることも伝わってきている。この三冊の趣旨に賛同してご参加下さった皆様にはこの場を借りて、心よりお礼を申し上げたい。皆様の詩篇は詩人たちの外に旅立って、多くの大人や青年や少年少女たちを励ましていると感じている。
 十月二十九日は『海の詩集』『少年少女に希望を届ける詩集』『非戦を貫く三〇〇人詩集』の合同出版記念会を赤羽で開催した。九州から門田照子さん、北海道から若宮明彦さん、福島から二階堂晃子さんなど全国から多くの詩人たちが参加してくれて、三冊の意義を語り合うことが出来た。
 今年から福島県と福島民報社が行っている「福島県文学賞」の詩部門の審査委員となった。今年で69回目であり、初めの頃は草野心平さんが、その後は若松丈太郎さんや長田弘さんなどが務めていた歴史ある福島の文学者たちを育ててきた賞だ。小説、エッセイ・ノンフィクション、詩、俳句、短歌の五つの部門に分かれている。公募された詩や詩集での参加者は今回は四十五名ほどで、その名から正賞、準賞、奨励賞、青少年奨励賞の該当作品を選び出すことになる。詩部門の審査員は福島の詩人の齋藤貢さんと長久保鐘多さんと私の三人で、受賞候補の詩篇の選考理由を記した批評文を事前に事務局に提出しておき、審査会当日に臨むことになっている。十月上旬にあったこの審査会には、福島県知事や福島民報社社長も顔を出して各ジャンルの審査員たちに感謝の言葉を述べていたほど、福島県民の文学精神を育んできた大切な文化活動であることが理解できた。詩部門の審査結果を私が代表として記した選評は十月下旬に受賞者たちの言葉と共に大きく福島民報に掲載された。東電福島第一原発事故で計り知れない損害と命を削る苛酷な経験を負わされた地域の県民であるけれども、それに打ち負かされない精神性を私はこの文学賞の公募作品全体に感じることが出来た。正賞は三人が一致して推した安部一美詩集『夕暮れ時になると』(コールサック社)となった。この詩集について「故郷、家族、日常を見詰めて生きる意味を問い、他者の存在の魅力や歴史的な意味も踏まえて全体的な視野を持ち、この世界の深みを重層的に表現している。安部さんの詩的文体には真の優しさや人間賛歌が込められている。」と論じた。また青少年奨励賞を受賞した矢吹花野さんの連作詩「六色の虹と一面のあお」では〈震災体験を通して亡くなった「あなたの言葉」を決して「忘れるもんか」と心に刻んで自己の内的なリズムにしている〉と記し、十六歳の高校生で砲丸投げの選手でもある矢野さんが大切な死者と対話する詩的想像力で詩作を小学四年生から開始してきたことに驚かされた。震災・原発事故は少女の心に詩の種を植え付けてしまった。きっと矢野さんのような福島の少年少女がこれから新しい文学を生み出してくれる可能性を強く感じた。
 九月二十四日から二十七日の三日間、中国の青島市と中国の詩人の林莽さんや高建剛さんたちから、日中韓同人誌「モンスーン」の私と苗村吉昭さんと中村純さんは招待された。その青島での詩の研究会で発表した内容や中国の詩人たちの発言や初めて交流したことを「中国の詩人達の素顔に触れて」として私のエッセイや詩七篇を含めて特集にした。また冒頭のカラーの「詩人のギャラリー」では林莽さんの絵画や高建剛さんの版画とエッセイや詩を中国編として掲載させて頂いた。本文の特集では林莽さんや李占剛さんの詩も孫逢明さんや佐々木久春さんや平松辰雄さんなどの翻訳者のおかげで掲載することが出来た。また写真も中国の詩人たちのものを使用させて頂いた。ご支援に心より感謝致します。
 この秋には「COAL SACK銀河短歌叢書」シリーズを刊行することとした。一昨年歌集『レトロポリス』を刊行した原詩夏至さんの第二歌集『ワルキューレ』がシリーズのトップを飾ってくれた。原さんの最新作四〇〇首が収録されている。私も解説文を書かせて頂いた。私は宮沢賢治が石川啄木に憧れて短歌から出発したこともあり短歌を読むことも好きで、短歌のリズムが日本の詩の源流だと感じていて、そのリズムは日本語の宿命的なDNAだと考えている。短歌から生まれた俳句も含めて伝統的な定型詩であり一行詩の魅力は、その作品だけを切り離すのではなく、それらが数百首、数百句をまとめて読むことで、その作家がこの世界と関わる精神世界が立ち上がってくる思いがする。そんな歌人・俳人論を機会があれば書いていきたいと願っている。「銀河短歌叢書」シリーズの二番目は福田淑子歌集『ショパンの孤独』が印刷に回っており十一月下旬に刊行し、三番目の森水晶歌集『羽』も十二月上旬に続いて刊行予定だ。
 編集者の佐相憲一さんと相談して来年は『日本国憲法の理念を語り継ぐ詩集』を来年の憲法記念日七十周年の五月三日の奥付で四月上旬に刊行することを目標にして、公募を開始することにする。公募人数は二〇〇名で締め切りは三月十日必着とさせて頂きたい。今号に掲載し別紙で同封した公募趣意書にこの憲法は「明治初期の自由民権運動が生み出した五日市憲法草案などの多くの私擬憲法やカントの「永遠平和」などが、日本国憲法の源流となっている。そんな平和憲法の理念をしなやかな言葉と豊かな想像力で、ぜひ詩に書いて頂きたいと願っている。」と記した。ぜひご参加を頂ければ幸いです。
 今号に多くの作品や批評文やエッセイなどをご寄稿下さり感謝致します。次号も宜しくお願い致します。寒波が到来しますので、どうかお身体をご自愛下さい。
スポンサーサイト


  1. 2016/11/30(水) 17:30:21|
  2. 編集後記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coalsack2006.blog79.fc2.com/tb.php/35-dcf67778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad