石炭袋通信/詩人探訪2.『四万十の山本衛さん』

2 四万十の山本衛さん

讃河PH


8月30日の早朝、岡山から土讃線で高知・中村へ向かった。
「鈴木さん、今度は四万十川の鮎をたくさんご馳走しますよ」
という山本衛さんの言葉にうまく乗せられてしまった。
昨年10月半ばに私は詩集『讃河』の解説を書くために、
山本衛さんの車で全長196キロもの四万十川の
源流近くから河口まで走ったのだ。
その中間の地点の川沿いにある三島という奥様の実家を訪ねた。
『讃河』の中でも名作である「ひとりのおんなと」の舞台になった場所で
わたしはこの場所を見たいと山本さんにお願いをしたのだ。

「ひとりのおんなと
暮らしたいと思った

 川幅に張られたいっぽんのロープに
 繋がれている渡舟を引いて
 おんなの許にいく」

今は車の通れる沈下橋ができて渡船はなくなった。
その時に弟さんの奥様が鮎を食べていかないかと誘ってくれたが、
先を急ぐのでと申し出を断り、夕暮れまでに河口へと向かったのだ。
山本衛さんはそのことを忘れないで、今回はそれを実現したいといってくれた。

今回の大きな目的は山本衛さんの出版記念会に出席するためだ。
嬉しい事に詩集『讃河』は第8回中四国詩人クラブ賞を受賞した。
四万十川をそこで暮す人々を見つめてこれほど書かれた詩集は今までなかった。
山本衛さんは十年以上かけてこの四万十川の詩を書き続けてきた。
そのことを多くの方が認めて下さったのは嬉しい。
山本さんの編集する「ONL」はもう少しで100号に達する。
私は2000年の50号記念のときに浜田知章さんが講演をするのでお供をした。
浜田さんが誘ってくれなければ、私は中村に来ることはなかった。
浜田さんは幸徳秋水を生んだ中村という場所に高く敬意を払っていた。
私は浜田知章さんが幸徳秋水の墓の前で頭を垂れる姿を今も思い出す。
あの時は、浜田さんと山本さんとたくさん酒を呑んだ。
しかし今年5月16日に浜田知章さんは亡くなってしまった。
2日前に第10詩集『海のスフィンクス』を病室に届けたばかりだった。
浜田さんの代わりをかねて山本さんにお祝いを述べようと思った。

「シバテン」という料理屋にはすでに「文芸中村」の仲間が集っていた。
この文芸誌は短歌やエッセイなど様々な書き手も入っている、
山本衛さんは、衛(まも)ちゃんと呼ばれていた。
山本衛さんは元校長先生だが、誰からも愛されているのが分かった。
この地域の詩や文芸の火を絶やさないために山本衛さんは自分で書くだけでなく
多くの書き手を励まし、自分も実務を担い続けている。
夕方からは、山本さんは学校教育だけでなく社会教育で講演活動していたので、
その仲間達がお祝いの会を開いてくれた。
今も山本さんはその仲間たちから週に一度は講演の依頼を受けているという。
二つの会とも山本さんが多くの地元の方々から
どんなに親しまれ愛されているのかがわかった。
山本さんは元気の塊のような人だが、文学関係者だけでなく
宮沢賢治の理想とした「デクノボー」のような存在に近づき
四万十流域の人びとを今も現役で励まし勇気付けているのだ。

翌日は山本さんと奥様の三人で三島に向かった。
沈下橋を渡りようやく奥様の育った村に着いた。
今はオクラの収穫期で忙しいのだが、
弟さんご夫婦は、鮎を焼く準備をして待っていてくれた。
田畑の下の四万十川が眼下に見えてせせらぎの音を聞きながら
地元のお米である農林22号と鮎をいただいた。
私はいつも妻の実家の秋田や東北の米しか食べていないが、
この四万十のお米は、本当においしかった。
米の一粒一粒が光り輝き、何かパワーがあり、ご飯だけでおいしかった。
こんな最高の贅沢をさせてもらって本当に幸せだった。
未明から明け方に行う火振り漁で捕れた鮎の塩焼きを5匹も食べさせていただいた。
四万十の鮎は別名のように本当に「香魚」だった。
村の味噌を共同で作る暮らしぶりや
火振り漁のやり方や、奥様の弟さんの冬場のシシ狩りの話は面白かった。
宮崎駿のアニメに出てくるシシ狩り話は空想ではなく、三島ではまさに現実だった。
鮎と採れたてのオクラをお土産にいただいた。
私は『生活語詩二七六人集』を手渡し、弟さんとご夫婦と別れた。

山本衛さんご夫妻は、四万十川の近くの山道を抜けて、私を近くの駅に送ってくれた。
私は山本さんが四万十の人びとに語ってきたことを
「山本衛エッセイ集」として企画編集したいと思った。
二人は、駅で田舎を出る息子を見送るように私に何度も手をふり
電車が離れていくまでずっと見送ってくれていた。
スポンサーサイト


テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/09/12(金) 11:02:20|
  2. 編集長の【詩人探訪】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石炭袋通信/詩人探訪1.『小坂顕太郎さんと壷阪輝代さん』

P8290009.jpg
石炭袋通信/詩人探訪



コールサック社を株式会社にして2年が過ぎた。
本作りに忙しくてこのブログを活用してこなかった。

この9月からスタッフに加わった亜久津あゆむさんから
「ブログは更新が命なのに、編集長は怠慢です。
もっと気楽に書いてください」と叱られてしまった。

これではいけないと反省し、これからは肩の力を抜いて書いてみよう。
個性的で珍しい詩人たちと打合せに行くことも多いので、
これから出会う詩人たちの素顔やその場所の風景などを紹介したい。
私が書けない時は、亜久津さんにも応援してもらうつもりだ。


1.小坂顕太郎さんと壷阪輝代さん



8月29日、朝10時ごろに東京駅から新幹線に乗り倉敷まで出かけた。
倉敷では、小坂顕太郎さんと詩集の打合せをすることになっていた。
駅の外の土産物売り場にはさすがに黍団子が溢れんばかりだった。
駅前広場に降りると奥様と可愛い3歳の娘さんが出迎えてくれた。
二人とは大阪で会ってから2ヶ月ぶりだ。
娘さんは緊張気味だが、家につくころには慣れてきた。
仕事を半休して小坂さんが家に戻ってきた。
彼はコールサックのHPを見て詩集の相談をしてきたが、
詩集は生むものではなく、生れるものなので、
じっくり時間をかけた方がいいとアドバイスした。

コールサック61号では、彼の詩を10篇掲載した小特集をしている。
私は小坂さんの詩の言葉に不思議なあたたかみを感じている。
今の若者にはあまり見当たらない、人を生かす言葉の命を感じている。
『2008年度版 生活語詩 二七六人集』にも参加してもらった。

彼の真剣さが本物であることが分かり、
これから本格的に詩集作りに取り掛かることになった。
「鈴木さんが、簡単に詩集作りを引き受けなかったので、信用したんですよ」
と笑いながらさわやかに語ってくれたのは、嬉しかった。
絵画や小説にも挑戦したが、詩が自分に一番あっていると感じたという。
仕事についてからも家業を立派にこなし、
一人でこつこつ詩を書き続け、彼は我々の前に現われた。
詩集の打合せが終わり、出された紅茶を少し残していると
娘さんが近づいてきて、透明なグラスを小さな手にとって、
「おじちゃん、紅茶を残しちゃだめよ」と叱られてしまった。
「ごめんね、もったいないね、反省するね」と言い
小坂さん夫婦と私は爆笑してしまった。
本当にしつけの行き届いた賢い娘さんだった。
小坂さんの宝ものを見せてもらい嬉しかった。


私は最近詩集『探り箸』を出した壷阪輝代さんと会い食事をする予定だった。
すると小坂さん夫婦と娘さんも同行したいと言いだした。
四人で岡山まで車で出かけた。その夜はとても楽しかった。
『探り箸』の刊行を小坂さん夫婦と娘さんと祝った。
小坂さんは私以外の詩の関係者と初めて出会ったのだ。
奥さんも詩「落とし箸」の2連目がとてもいいと言ってくれた

「幼い日/はじめて箸を握ったあの日/わたしが落とした箸を
/何度も拾い上げ/エプロンで拭いて持たせてくれた/励ましの声のぬくもり」

壷阪さんが照れても小坂さん夫婦と私たちは『探り箸』を褒め称えた。
壷阪さんに親子三人の名前を詩集『探り箸』と
エッセイ集『詩神につつまれる時』の2冊に書いてもらい、
3人は宝もののように胸にかかえて倉敷に帰っていった。
小坂さん親子と壷阪さんのおかげで岡山の夜はあたたかくふけていった。


テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/09/09(火) 14:36:05|
  2. 編集長の【詩人探訪】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad